糖質制限食での体重コントロール

問い合わせ経由で質問をいただきました

7月28日の記事『糖質制限食も9年目に ~体重の推移~』 と,
7月30日の記事『糖質制限食も9年目に ~カロリー計算~』の記事で

直近の体重と28日移動平均体重とを比較して
体重はほぼBMI=21~22に維持している

とあるのは,具体的にどうしているのかという ご質問です.

唐突に株式投資の話です

株の売買をやっておられる方なら よくご存じのことですが,株の値動きのチャートを見て,「売り時」「買い時」の判断材料にする 『ゴールデンクロス』 ,『デッドクロス』 という株式用語があります.

ご覧のように,日々値動きのある株価の 一日ごとの株価上昇・下落に目を奪われるのではなく,長期傾向と短期傾向とを見比べて,

  • 長期的には値下がり傾向にあった株価が,直近の動きを見ると上昇に転じた=ゴールデンクロス
  • 長期的には値上がり傾向にあった株価が,直近の動きを見ると下降に転じた=デッドクロス

という指標です.風向きの変化を敏感に読み取って上昇のきっかけならば,「買い」に,下降の兆しならば「売り」に転じようというわけです. まあこれで必ずもうかるのならば,皆そうするわけで(*)必ずしも盲信していいものではないですが.

(*) したがって,『ゴールデンクロスをにつられて買う人が多くなるだろう』とよんで,「売り」に回る『逆張り』という手法もあります.

体重のコントロールにも使えます

しかし,『長期傾向と短期傾向とを見比べて変化の兆しをつかむ』,この考えはむしろ体重コントロールにこそ有効だと思います.

毎日 一定の時刻に同じコンディションで体重を記録していても,実際には日々の体重は,その時の体水分率変化の方が大きく,昨日と比べてたった1日で体重が1kg以上変化することは珍しくありません.

これでは 今自分の体重は増えつつあるのか減りつつあるのか,それとも変化していないのか,まるでわかりません.

そこで株価のチャートと同じように,

長期の移動平均曲線(私の場合は 本日より過去28日の平均値)【赤】
短期の移動平均曲線(私の場合は 本日より過去7日の平均値)
【青】

をグラフに書かせてみると;

こうすると,株価のチャートと同じように,

  • ゴールデンクロス → 体重は増加傾向に転じた
  • デッドクロス → 体重が減少傾向に転じた

と判断できます.

そこで,上昇傾向なら ややカロリーを減らし,減少傾向ならわずかにカロリーを増やすことにしています.
「今日は XXXカロリーだったはずだから,明日は YYYカロリーにしよう」などと,カロリーの絶対値は考慮しません. 以前の記事にも書いた通り,カロリーの正確な把握などは不可能だと思っているからです.よって「昨日より減らす」か「 昨日より 増やす」という,差分だけを考えています.

アクセル/ブレーキは脂質で

で,カロリーの増減制御には脂質の増減で対処しています.糖質制限食なので,チーズ・オリーブ油などの摂取は多いのですが,これらは カロリー密度(食品の重量当たりのカロリー)が高いので,食事のボリュームはほとんど変えずにカロリーを微調整するのが可能だからです.

出張などで移動が続いた時には,カロリー消費を読み違うことはありますが,おおむねこれで体重はコントロールできております.

以上 ご回答申し上げました[株主総会にて,株主からの質問に回答した役員の決まり文句です].

コメント

  1. 佐々木カルフ より:

    2年ほど、毎日欠かさず3食の記録と体重はつけてましたが、移動平均作ってはみたものの、クロスまではチェックしてなかったです・・・
    ぬかった・・・

    今度掘り起こして見てみようかな、とちょっと思った次第です。

    • しらねのぞるば より:

      移動平均の長期と短期をそれぞれ どう設定するかは,いろいろ試行錯誤しました.
      多分 人によって違うのでしょうね.