2021-05

病理

加齢と糖尿病[1] たしかに特徴はそうだけど

第64回 日本糖尿病学会は 6/7~21に 主な講演・口演がオンデマンドで配信再開されますが,その感想は 興味あるものを一通り視聴し終えてからにいたします. で,その間を利用して『加齢と糖尿病』の問題をひとくさり考えてみたいと思いま...
その他

[お知らせ]ブログ別館記事更新

ブログ別館に シリーズの記事を追加しました. 糖尿病治療:サルコペニア ご興味のある方はご覧ください.
その他

学会合間の雑談です:ロシアより愛をこめて

From Russia With Love(C) MGM このブログでは,『原則 公開が前提のコメントには書き込みたくないが,意見を伝えたい』,という方のため『お問い合わせ』ボタンを作ってあります. 当初は この機能は...
その他

[お知らせ]ブログ別館記事更新

ブログ別館に シリーズの記事を追加しました. 糖尿病治療:学会Watching 必須アイテム ご興味のある方はご覧ください. 
学会

第64回日本糖尿病学会の感想[6] 05/22午後 高齢糖尿病患者には注意

学会Live配信最終日 05/22の午後は このシンポジウムを視聴しました. シンポジウム 28: 高齢糖尿病患者に対する栄養管理と運動療法のススメ (C) Ruriiさん 全部で5本の講演がありました. 【1】高...
学会

第64回日本糖尿病学会の感想[5] 05/22午前 こんなに大きい個人差

学会 3日目午前は このシンポジウムを視聴しました. シンポジウム22:これからの糖尿病食事療法における課題と展望 『糖尿病診療ガイドライン 2019』(以下 GL-2019) で示された『食事療法の個別化』をどう具現化するの...
学会

第64回日本糖尿病学会の感想[4] 05/21午後;BMI=22の根拠は?

2日目 5/21の午後はこのシンポジウムを聴講しました. シンポジウム 15:多様化する糖尿病への医療個別化を目指して 糖尿病に限らず,すべての疾病治療は,患者を慎重に検査・診断したうえで『個別化治療』を行うのは当然のことです...
学会

第64回日本糖尿病学会の感想[3] 05/21午前

学会2日目(5/21)の午前の感想です. 特別講演1 Ronald Kahn 博士 Joslin糖尿病センターの大御所 Ronald Kahn博士のこの講演は,今回学会の目玉でしょう.日本人向けにゆっくりと,しかしパワフルな口...
学会

第64回日本糖尿病学会の感想[2] 05/20午後

シンポジウム12:ビッグデータで切り拓く糖尿病診療 学会初日の午後は,これを視聴しました.なにしろ多数の講演・シンポジウムが同時並行なので,同時刻に開催されるシンポジウム8『糖尿病治療において多様な経口血糖降下薬をどう使い分けるか』...
学会

第64回日本糖尿病学会の感想[1] 05/20午前

第64回日本糖尿病学会 年次学術集会が昨日から始まりました. 会長特別企画1 インスリン発見から100年 昨日 午前は この企画を視聴しました. 22日までは ライブ開催が主体なので,その時間帯でどれか一つの講演を選択するしか...
学会

[本館・別館共通]明日から第64回日本糖尿病学会

明日 5/20(木) から第64回日本糖尿病学会 年次学術集会が開催されます. 本来 この学会は 金沢市で開催予定でしたが,新型コロナのために 前回に引き続いての全面WEB形式となりました. 会期中は 本館・別館共に,...
食事療法

まだまだ迷走?日本糖尿病学会の食事療法[4] 公募企画が頓挫?

アイキャッチ画像 (C) あきのはるの さん 今週の5月20日から,第64回日本糖尿病学会 年次学術集会がオンラインで開催されます.当初の金沢市での開催予定が,コロナ事態により全面WEBでの開催となりました 第64回 日本糖尿...
食事療法

まだまだ迷走?日本糖尿病学会の食事療法[3] 竜虎の戦い

日本糖尿病学会が発表した 『糖尿病患者の栄養食事指導のコンセンサスステートメント』は,その名前に反して,特に 炭水化物に関しては まったく『コンセンサス(合意)』しているとは思えないものでした. 『カロリー制限』は食事療法と言えるの...
食事療法

まだまだ迷走?日本糖尿病学会の食事療法[2]

個別化食事療法の具体的な指針は? 2019年10月に日本糖尿病学会が発行した『糖尿病診療ガイドライン 2019』(以下 GL-2019)では, 糖尿病患者の食事療法は これまでのように一律・機械的にすべての患者にまったく同じ食...
食事療法

まだまだ迷走?日本糖尿病学会の食事療法[1]

昨年 『食事療法の迷走』というシリーズ記事を書きました. 第1話から第58話まで,我ながら呆れるほど長い長い長い長い長い長い長い…. (誰か,止めんかいっ!)シリーズ記事でした. しかし,連載があんなに長くなってしまったのは,...
病理

【続】肝機能指標と糖尿病【13完】ASTは本当に無関係か

最後にここまでの研究で 糖尿病発症リスクとの有意な相関性がみられなかったASTについて考えてみます. たしかに ASTは,心臓・骨格筋・赤血球など,つまり新陳代謝の盛んな細胞に多く見られるので,肝臓機能指標としては特異的ではありませ...
病理

【続】肝機能指標と糖尿病[12] 結局 警戒ラインはどこに

(C) 胡麻油 さん ここまでの文献探索で,久山町研究でも,南原市研究でも,中国人のデータからでも, ALTが正常範囲内であっても,高くなるほど糖尿病発症リスクは高まるGGTは,カットオフ値(境界値)がはっきりしないが,やはり...
病理

【続】肝機能指標と糖尿病[11] 中国人の場合

久山町研究の結果を受けて,各国でも 肝機能指標と糖尿病発症率との関係を調べる研究が多数おこなわれました. 前回までの韓国/南原研究もその一つでした.更に欧米の同様の文献も多数ありますが,ここでは 同じアジアの中国人のデータを紹介します. ...
病理

【続】肝機能指標と糖尿病[10] 女性の場合は

韓国の 南原市研究から,肝機能指標(ALT,AST,GGT)の高低と,約4年間の追跡期間中糖尿病発症率との関連を調べた結果です. ここまでの記事(,,)で,男性の場合では,ALTの高値のみが糖尿病発症に関連していることがわかりました...
病理

【続】肝機能指標と糖尿病[9] ALTとASTでは

韓国 南原市の健康診断データ追跡から,『GGTが高いほど糖尿病発症率が高い』のは,GGTが独立に発症因子となっているのではなくて,他の因子の結果としてGGTが高くなっているだけ ということがロジスティック回帰分析 (logistic re...