学会

学会

さすがは 京都

京都国際会館で開催されていた 第27回日本病態栄養学会 年次学術集会に参加して京都から戻って参りました.   国際会館から見るこの景色は お気に入りです. いかにも北山の落ち着いた風景です.   学会からホテルに戻る途中,錦市場ものぞいてみ...
学会

第27回 日本病態栄養学会 年次学術集会

『糖尿病の精密数理モデル』シリーズの途中ですが,明日から京都国際会館で開催される第27回 日本病態栄養学会 年次学術集会に野次馬参加してきますので,しばらく本館・別館ともブログは休載いたします. 会場で私をみかけても 石を投げないようお願い...
学会

2024年

本年 最初の投稿です.おめでとうございますとは,とても言えない年明けですね. それにしてもなんという正月なんだ. 元旦の地震は関東地方でもかなり揺れました. 非常に長くゆっくりとした揺れなので,遠いとは思いましたが,まさか能登半島だったとは...
学会

闇の学会

闇鍋 今はあまり流行らないですが,ぞるばの学生時代には『闇鍋』 というものがありました.誰かの部屋に集まって,それぞれ持ち寄った材料で鍋料理を作り,みんなで食べるというものです. しかし 鍋にぶち込まれるものは,およそ鍋料理の食材としては考...
ガイドライン

学会の動き[追加]

前回記事で触れた 糖尿病関係の学会情報で,『次回 第27回(日本病態栄養学会の)年次学術集会開催がアナウンスされました』と書きましたが,その後 日本病態栄養学会から 概略日程がアナウンスされています. 注目されるのは,2日目(1/27)の ...
ガイドライン

学会の動き

私が旅行中に 学会関係でいくつかトピックスがありました. 日本糖尿病学会 投薬アルゴリズム改訂 日本糖尿病学会は昨年9月に『2型糖尿病の薬物療法のアルゴリズム』を発表しました. このアルゴリズムでは,同じ2型糖尿病でも,肥満の人(=インスリ...
ガイドライン

痩せ型糖尿病-4【完】

米国人ならみな同じか 米国にはよく出張しました.先方の会社の社員とは 顔なじみになり,自宅に招かれるほど懇意になった人もいます. 会議では,なごやかな商談の時もあれば,時には怒鳴り合いに近い真剣な対決もありました.ただ仕事が終われば ざっく...
学会

痩せ型糖尿病-3

この記事で, 痩せすぎで,どうみても肥満からは程遠い 境界型の人が 現に目の前にいても,医師は『メタボを解消しろ』としか言えないのです.しかし,痩せているのですから,いくら何でも 体重を減らせ/食事を減らせとはさすがに言えないので と書きま...
学会

痩せ型糖尿病-2

前回記事 では,日本糖尿病学会が発行する治療ガイド・診療ガイドには,肥満型の糖尿病に対しては 事細かに治療指針が示されているのに対して,肥満でない場合,さらには痩せ型の人の場合には 特段の情報がない,もっとはっきり言えば ほとんど無視されて...
学会

痩せ型糖尿病

もう一つの糖尿病スティグマ 「糖尿病」=「過食」=「肥満」=「だらしない生活」 と決めつけるスティグマに対して,ようやく 日本糖尿病学会やメディアも目を向けるようになってきました.この決めつけは非常に根深いもので(そもそもそれを助長してきた...
学会

まあだだよ

(C) すまいるほっぺ さん 健康食スタートブック 今年の5月に鹿児島で行われた 第66回日本糖尿病学会 年次学術集会で,学会の植木理事長はこう述べておられました. (これまで食品交換表などを発行してきたが) 2019年の『糖尿病診療ガイド...
学会

ご意見ありがとうございました

第66回日本糖尿病学会 年次学術集会の参加感想記事(この記事から この記事まで)に対しては,連載中 多くの方からご意見をいただきました. (C)なのなのな さん 当然 予想(期待)はしておりましたが,中には憤慨して激烈なメッセージもありまし...
学会

[先頭固定]第66回日本糖尿病学会の感想[28完] どうする 食事療法

【この記事は 第66回 日本糖尿病学会年次学術集会を聴講した しらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞きまちがい/見まちがいによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】 どうする家康 (C) NHK ガラパゴス 思えば...
学会

第66回日本糖尿病学会の感想[27] 日本の栄養学から抜け落ちたもの

【この記事は 第66回 日本糖尿病学会年次学術集会を聴講した しらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞きまちがい/見まちがいによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】 前回記事で,栄養学の分野は大きくは2つに分かれる...
学会

第66回日本糖尿病学会の感想[26] 地中海食と日本食

【この記事は 第66回 日本糖尿病学会年次学術集会を聴講した しらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞きまちがい/見まちがいによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】 前回記事で,日本の栄養学論文は,動物実験では米国...
学会

第66回日本糖尿病学会の感想[25] 日本に栄養学はなかったのか

【この記事は 第66回 日本糖尿病学会年次学術集会を聴講した しらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞きまちがい/見まちがいによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】 『日本にはまともな栄養学と呼べるものは存在してい...
学会

第66回日本糖尿病学会の感想[24] 食事療法~その前に日本の栄養学は

【この記事は 第66回 日本糖尿病学会年次学術集会を聴講した しらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞きまちがい/見まちがいによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】 前回の続きです.学会は『2型糖尿病の薬物療法のア...
学会

第66回日本糖尿病学会の感想[23] 2型糖尿病は少なくとも2つある

【この記事は 第66回 日本糖尿病学会年次学術集会を聴講した しらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞きまちがい/見まちがいによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】 前回の糖尿病投薬アルゴリズムの記事では,日本糖尿...
学会

第66回日本糖尿病学会の感想[22] 患者を見よ

【この記事は 第66回 日本糖尿病学会年次学術集会を聴講した しらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞きまちがい/見まちがいによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】 投薬の順序 日本糖尿病学会は 昨年9月に 『2型...
学会

第66回日本糖尿病学会の感想[20] HbA1cの値がリブレと病院検査で一致しない

【この記事は 第66回 日本糖尿病学会年次学術集会を聴講した しらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞きまちがい/見まちがいによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】 リブレを使っている方の『あるある』です. リブレ...