糖負荷試験は不公平?

糖尿病または 妊娠糖尿病かどうかの診断には,糖負荷試験が行われることがあります.75gの純粋ブドウ糖を含む炭酸水を一気に飲んで,その後の血糖値やインスリン量を測定するという試験です.

2時間後の血糖値が200以上であれば糖尿病,140未満であれば正常,その中間は 境界型と判定されます.

体格が違えば 血液量も違うはず

しかし,かねがね疑問に思っていたのですが,プロレスラ-のような巨漢でも,風が吹いたら飛ばされていきそうな痩せた人でも,同じ75gのブドウ糖というのは不公平ではないでしょうか?

男性イラスト (C) でお さん
女性イラスト (C) ゆりころまさん

人体の水分は 体重の約60%と言われています.

体重 100kgの人なら 60kg,つまり60 リットルの水分.一方 体重 40kgの人なら 24 リットルとなります.

この2人が同じ 75gのブドウ糖を飲むと,

単純計算で,ブドウ糖重量を体内水分体積で割ると,

体重 100kgの人は 75g ÷ 60リットル = 1.25 g/ リットル =1,250 mg/1000ml = 125 mg/dl

体重 40kgの人は 75g ÷ 24リットル = 3.125 g/ リットル =3,125 mg/1000ml = 312.5 mg/dl

つまり 痩せ型 40kgの人は のんだブドウ糖だけで 体内のすべての水分でブドウ糖濃度が312も上がる計算ですが,100kgの人なら それが 125の上昇で済むだけ. これはどう見ても不公平ですね.

子供にも飲ませるのか?

じゃあ体重12kgの子供にでも 75gものブドウ糖を飲ませるのか,と思って調べてみたら,小児の場合には

1.75g/kg体重(最大量75g)

という基準があるようです. 体重12kgの子供なら21gとなるので,少し安心しましたが,それでも 同じ40kgの体重なのに 小児なら 70g(=1.75×40)で,成人なら 75gとなるわけで,どうも釈然としません.

やっぱり そうですよね

調べてみると,過去の糖尿病学会で こういう報告が出ていました.

糖尿病既往のない 健康診断受診者 12,004名の糖負荷試験結果を分析したところ,2時間血糖値が140~200となったため,境界型と判定された人には体重50kg以下の人が明らかに多かった.この人たちは,単に 身体のブドウ糖distribution spaceが小さい,つまり体格が小さいというだけで発生した高血糖状態なので,糖尿病と判定する意義は低いと考えられる.

第60回 日本糖尿病学会 年次学術集会 1-P-555

この報告は 以前の記事でも紹介した 松本市の相澤病院 からです.それが科学的常識というものでしょう.しかし,体格に不相応なブドウ糖を飲ませて,糖尿病と判定し 投薬を迫るという「マニュアル一辺倒」の医者がいないことを祈ります.

コメント