糖負荷試験のデータ分析結果[日米比較]

前回の記事『糖負荷試験のデータ分析結果』 で,日本人の糖負荷試験のパターンを分類すると,3つまたは4つの類型がありそうだと述べました.

米国人と比較すると

では,米国人のパターンと比較するとどうなるのでしょうか?
既に以前の記事 で,米国人の非肥満/肥満者の,健常人及び糖尿病の人の糖負荷試験データを得ていますので,そのパターンを同じように QUICK30 vs QUICKI 図にプロットしてみました.

[日米 比較]

米国人のデータは,肥満の人/非肥満の人で,耐糖能正常/軽度糖尿病/中程度の糖尿病 と,6種類あるのですが,この図のように,ほぼ同じ領域にあることがわかります.

ただし,ここで注意しなければならないのは,日本人のデータは個人の生データであり,米国人のデータは多くの人の平均だという相違点です. 米国人のデータは平均値なので,当然存在したであろう,個人間のバラツキはすべて消えているということです.

ただ その点を割り引いても,あらためて日本人と米国人の糖尿病の有り様がこれほど違うことに驚かされます. この図で 日本人の[分類1]の人は,たしかに米国人と同じようにインスリン抵抗性主体ですが,それ以外のほとんどの人はまるで違うのです.

Ahlqvist博士の言葉 を借りれば,

日本人で2型糖尿病と呼ばれているものは,実は相互にまったく異なる病気を,ひとまとめにしたものにすぎない

のだと思います.
そして博士が強調したように,

異なる病気を同じ治療法で済ませるのは乱暴だ

ということになります.

たしかに米国人 及び 日本人の[分類1]は,インスリン抵抗性のみを治療対象とすればいいでしょう. 肥満者であれば,現在 米国でそうなりつつあるように,SGLT2阻害薬が第一選択薬になるでしょう.

しかし,[分類2]や[分類3]ではどうでしょうか? この方々のインスリン感受性やグルコース感受性は,欧米研究者がみたこともないほど高いのです.よって,それが衰えていく過程で糖尿病が発症しているのではないでしょうか?

だとすれば,日本人に必要なものは,相撲取りのような米国人向けの薬ではなく,インスリン感受性/グルコース感受性を本来のレベルにまで戻すことのできる薬であると思います.

コメント