[固定記事]糖質制限も12年目に

糖尿病自覚の経緯

私のこれまでの経緯は,このブログの『これまでの経緯』に書いた通りです.『自分は軽症だが間違いなく糖尿病だ』と自覚したのは,当時勤務していた会社の産業医が警告してくれたからでした.

そこで それ以上糖尿病が本格化しないように,2011年頃から糖質制限食を実行しています. と言っても;

糖質は管理しません

私の糖質制限食は 江部先生の『スーパー糖質制限食』でも,北里大学 山田悟先生の『緩い糖質制限食(ロカボ)』のどちらでもありません. 平均すれば 結果的に糖質摂取量は~100g/日くらいになっているので,しいて言えば 両者の中間ともいえます.しかし私の糖質制限が両先生の糖質制限食と決定的に異なるのは,糖質量をカウントしない,『そるばのなりゆき糖質制限食』なのです.

どういうことかと言えば,糖質量をこまかく気にするのではなく,『1日のどの時点でも(つまり食後でも)血糖値 140mg/dlを越えないこと』これを目標にしているのです. もちろん糖質量の上限を決めるというやり方もあるでしょうが,私の場合は 同じ糖質量でも,食後血糖値の上がり具合は その時 同時に食べた脂質の量に大きく左右されるので,糖質の量だけを見ていても意味をなさないのです.

糖質が多くても 同時に脂質も多ければOKだし,逆に わずかな糖質量でも脂質ゼロだと激しく血糖値が上がります.したがって,糖質と脂質とを両にらみして,その都度安全ラインを見極めています.

このやり方は,もちろん 万人に通じるとは思っていません.あくまでもしらねのぞるば個人限定です. またこのスタイルでは,必然的に脂質摂取量は変動し,かつ多くなります.すなわちカロリーオーバーになりやすくなります.しかしながら;

カロリーも管理しません

ところが ここがまたぞるば流で,脂質の量も制限はおろか 意識すらしていません.
オーバーカロリーかどうかは 体重の移動平均カーブから判断しているからです. カロリーの余剰/不足は 体重変動で判定するのがもっとも正確でしょう.

緑点線=日々の体重: =7日間移動平均: =28日間移動平均

結局 いくら電卓片手に必死の形相で食事のカロリーや脂質量を計算しても,正確な把握など不可能です.

『牛肉100g』を何カロリーと計算していますか? 単に牛肉100gと言っても,その部位により実は 101kcaから 831kcalまで大きく異なるのです. そこまで調べてカロリー計算している人を見たことがありません.

全然当たらないカロリー計算をするよりも,長年の食事記録から得たカンで,食後の血糖値ピークを推定する方が,まだしも的中確率が高いです. カップヌードルProには まんまと外されましたけどね.

最初からこういうスタイルだったわけではありませんが,以上の かなりいい加減な糖質制限食であっても,24時間の血糖値プロファイルはこういう具合なので;

おおむね目的は達成しています.

糖質制限(しているのか?)も12年目に

さてそこで,その結果がどうなっているかです.

最後に健康診断を受診したのは2019年でした.それまでも毎年受けており,その後も1年に1回は受けるつもりだったのですが,新型コロナで医療機関がひっ迫と聞いては,さすがにのんびりと 定期健康診断を受診するのは遠慮しておりました.

しかし,ワクチンも4回打ったし,おまけに多分コロナにも少なくとも1回感染したようだし,免疫は十分あるだろうと踏んで,近くのクリニックで高齢者健康診断を受けてきました. その結果はこうでした.前回(2019年)との比較です.

まあ,変化なしと言っていいでしょう. これでいいのです.別に200歳まで元気に生きようというわけではありません.この状態が持続していればいいのですから.

なお,クレアチニンがやや上昇していますが,コロナでもせっせと 逆トレと庭の芝生手入れに精を出した(おかげで我が家の芝生はゴルフ場並です)ので 筋肉がついたからだと解釈しておきましょうw

コメント

  1. 西村 典彦 より:

    私もカロリーは参考にするだけで体重も日々の値ではなく朝食前の体重の5日移動平均を参考にしています。私の場合、適正体重から上下一定の範囲であればこの値がカロリーと最も相関します。かなり狭い範囲ですが。
    そもそもカロリー表示には上下20%の誤差が認められているそうです。1000kcalのものであれば800〜1200kcalと表示されている可能性があります。実に上下で1.5倍の差があり、厳密に記録しても意味はないと思います。厚労省推奨の摂取カロリーも多すぎるように感じます。体重が増加します。糖質制限を続けていると必要なカロリーも減るように思います。
    血糖値もMax140を目標にしていますが、1ヶ月の食事回数に対して1/3くらいの食事で少し超えますが、そのくらいは大丈夫でしょう。

    • しらねのぞるば より:

      カロリー計算に疑問を感じたきっかけは鶏肉料理の時でした.
      ササミだけをたべている人ならともかく,胸肉にせよもも肉にせよ どこまで丁寧に皮を除くかによって 全然カロリーが違うじゃないかと思ったからです.

      以来 カロリー計算アプリの結果は信用できず,使わなくなって久しいです.

      • apple より:

        テーマから脱線しますが、奇遇にも、私の夫はぞるばさんと同じ身長、体重であることがわかりました。
        ちなみに私自身は、学生時代は169.8cmだったのですが、今は168.2cmと随分縮みました。

        大昔、父親と母親の身長から子供の最終身長を予測する計算式に出会い、計算してみました。
        3人の娘たちは167cmという結果に。

        成人した3人とも、163cmです。
        まあまあ当たってますね。
        誰も私の身長を超えなかったのが残念ですね。

        • しらねのぞるば より:

          >同じ身長

          175cmですね.
          私は高校生の頃はもう少しあったのですが,数mm低くなりました. 高齢になると無自覚の脊椎圧迫骨折で少しずつ身長が低くなっていきます.無理に抗う必要もないのですが,できるだけストレッチをして現在の身長を保てるようにしています.

  2. highbloodglucose より:

    血糖値が上がらないように自分で制限しながら食べれば十分ですよね。
    わたしなんて、スーパー糖質制限でも血糖値が上がるときは上がるし。

    ぞるばさんは糖質制限でLDLコレステロールが上がらないタイプのようですね。
    上がる人、上がらない人、本当にそれぞれですねぇ。

    >ササミだけをたべている人ならともかく,胸肉にせよもも肉にせよ どこまで丁寧に皮を除くかによって 全然カロリーが違うじゃないか

    わたしは昔からglicoの栄養成分ナビを利用しています。
    https://www.glico.com/jp/navi/

    最近バージョンアップして使い勝手がかなり変わりましたが、食品の項目は基本的に変わっていません(日本食品標準成分表2020年版(八訂)に準拠している)。

    鶏肉なら、まず成鶏肉か若鶏肉かを選びます。
    普通は若鶏なので選ぶと、次は各種部位で生か焼きか茹でか皮つきか皮なしかなどを選びます。
    細かすぎて逆に大変w

    問題は魚です。
    わたしは焼鮭をよく食べるのですが、自分が食べているものがなんなのか分からないのです。
    「魚介類」の「さけ・ます類」を選ぶと、からふとます、ぎんざけ、さくらます、しろさけ、たいせいようさけ、にじます、べにざけ、ますのすけ、この中から選ばないといけません。
    「ますのすけ」がキングサーモンなのは知っているので除外。
    北海道産と書いてある鮭の切り身は、しろさけかな?
    刺身のサーモンの場合はチリ産が多いのですが、これはアトランティックサーモン、つまりタイセイヨウサケ? ノルウェー産の場合はトラウトサーモン、つまりにじますでしょうか。
    赤魚の切り身が安いので買うのだけど、赤魚という魚は見当たりません。
    わたしは一体なにを食べてるんでしょう?
    もう、ワケが分かりません!

    詳しく選べるのはいいけれど、それはそれで使い勝手がいいとは言えないですw

    • しらねのぞるば より:

      >LDLコレステロールが上がらない

      上がりも下がりもしない 不変タイプのようです.

      >glicoの栄養成分ナビ

      なるほど. これなら『オージービーフのリブロースを脂身のついたまま焼けば,これこれの栄養素』とわかりますね.
      ただ 魚の場合,『脂ののり具合』が考慮されていないようですね.最近 スーパーで売っているサンマは,実にしょぼくて RIZAPに通っているのかい?という程 スリムでパサパサですが,昔のサンマよりはかなり低脂質なはずです.

      >それはそれで使い勝手がいいとは言えない

      ですね.これを1食の食材すべてについて計算していたら,数十分かかって 鍋を焦がしてしまいそうです.