病理

病理

糖尿病と遺伝[9完] そもそも論に戻って

2003年頃から,ヒトの遺伝子解析技術が飛躍的に向上したことにより,『糖尿病有病者と正常者の遺伝子を比較すれば,糖尿病の原因遺伝子が見つかるはずだ』という考えの元に,精力的に探索が進められました. 当初は『生まれた子供の遺伝子を調べるだけ...
病理

糖尿病と遺伝[8] 遺伝子だけでは決まらない

ヒトの全遺伝情報解析により,わりと早く解明されるであろうという期待を裏切って,『糖尿病はどこまで遺伝に左右されるのか』という問題は,『遺伝学者の悪夢』として悩ませ続けています. どれほど詳細に『糖尿病に関連する遺伝子』を調べても,そ...
病理

糖尿病と遺伝[7] 本命は未踏領域に?

ありふれた遺伝子変異 ヒトのゲノム全解析が進むにつれて,多数の『糖尿病に関連する遺伝子』が発見されてきたのに,それらをすべて合わせても 実際の糖尿病の遺伝率=30%の内,10%程度しか説明できない.これは 古典的遺伝学者だけでなく,...
病理

糖尿病と遺伝[6] 失われた遺伝率

計算が合わない 技術の進歩により,一人の人のすべての遺伝情報を余すことなく全解析することが,安価に しかも 短時間で行えるようになって,『糖尿病に関連する遺伝子』の発見が続々と報告されるようになりました. しかし,それらの遺伝...
病理

糖尿病と遺伝[5] 遺伝の力

かつて糖尿病は,形質遺伝を研究してきた学者にとっては悩みの種でした. 古典的なメンデルの法則に基づき,『糖尿病の原因となる遺伝子』の存在を仮定して,どれほど多数の家系を詳細に調査しても,実際の糖尿病有病者の発生を説明できないのです....
病理

糖尿病と遺伝[4] どうしてそうなるのか

どうしてそうなるのか 現在発見されている『2型糖尿病に関連する遺伝子』は300~400もあるというのが前回記事でした.ヒトの遺伝子データベースで糖尿病関係のリストを見ると; Gene-Database(C) NCBI こ...
病理

糖尿病と遺伝[3] 答えはすぐに出せる…はず

答えはすぐに出せる ヒトのDNA全配列が解析され,しかも それが短時間で安価に行えるようになると,世界の糖尿病医学者は色めき立ちました. 正常な人,そして糖尿病の人のDNAを片っ端から全解析して,『一致しない部分』を探し出せば...
病理

糖尿病と遺伝[2] 家系図からコンピュータに

遺伝とは メンデルの法則によって,親から子に形質を伝える遺伝子というものが存在しているらしいことは古くからわかっていました. ただし そのメカニズムは不明でした.一人一人の遺伝子を詳細に解析できるようになったのはつい最近のことであり...
病理

糖尿病と遺伝[1] はっきりせんかい

2型糖尿病と遺伝 ここで取り上げる『遺伝』とは,いわゆる『遺伝性糖尿病』は含みません.つまり 原因が特定の遺伝子の変異又は異常であると解明されていて,完全にメンデルの法則通りに遺伝する MODY(Maturity Onset...
病理

インスリン抵抗性を考えてみました[11完] HOMAよりも役に立つ指標

ここまで,インスリン抵抗性とは何か,それはどうやって測定されるのか,そしてインスリン抵抗性の指標としてよく使われているHOMA指標を考えてきました. HOMAのまとめ インスリン抵抗性を本当に実測しようとすれば,ちょっと怖いク...
病理

インスリン抵抗性を考えてみました[10] HOMAだけでは説明できないこと

HOMAの概念 HOMAの概念図 HOMAは人体の血糖値が平衡に達する状態を完全に数学モデル化したものです. 脳も含めた各臓器の応答動作は,自分の周囲の血糖値及びインスリン濃度のみで決定される.その動作は精密ではあるが,...
病理

インスリン抵抗性を考えてみました[9] 指標は換算値ではありません

HOMA=HOmeostasis Model Assessment(恒常性モデル評価)は,クランプ試験のようにインスリン抵抗性・インスリン分泌能を実測するわけでもないし,間接測定法ですらありません.HOMAは,クランプ試験と『よく相関する...
病理

インスリン抵抗性を考えてみました[8] HOMA-βは要注意

HOMA-β 日本人には 要注意 このシリーズでは,インスリン抵抗性と並んで HOMAの もう一つの側面=HOMA-β(インスリン分泌能)については 故意にふれてきませんでした. なぜならHOMA-βは日本人に適用する際には 特に注...
病理

インスリン抵抗性を考えてみました[7] 現在はHOMA2に

HOMA-R式のメリット・デメリット 精度はかなり劣るものの,1回の採血で患者の インスリン抵抗性を推定できる HOMA-R式は,使い勝手のいいものです. しかし,以下のような問題もあります. HOMA-R式は,...
病理

インスリン抵抗性を考えてみました[6] 単純肥満性糖尿病が『治る』ワケ

HOMAのグラフは,Ahlqvist分類で,MOD (=Moderate Obesity Diabetes:軽度肥満糖尿病)が なぜ比較的 『簡単に治る』のかも説明してくれます. 私はこれを『単純肥満性糖尿病』と呼んでいます ...
病理

インスリン抵抗性を考えてみました[5] HOMAの計算結果

『血糖値変動にかかわるすべての臓器の動作を数式で表して解析する』これが HOmeostasis Model Assessment(恒常性モデル評価)です. 血糖値が高くなれば,インスリン分泌が多くなり,各組織での糖取り込みが...
病理

インスリン抵抗性を考えてみました[4] クランプをHOMAで推測

インスリン抵抗性を正確に測定するには,まかり間違えば命掛けのクランプ試験しかない,というのが前回記事 でした. しかし,この方法を実際の糖尿病患者の診断に使うわけにはいきません.そこで 考え出されたのが HOMAです. Hom...
病理

インスリン抵抗性を考えてみました[3] 実際に測ってみましょう

クランプ試験 インスリン抵抗性を実測する方法は,『クランプ試験』しかありません. それ以外にも 間接的な測定法や 推測法はあるのですが,直接測定できるのはこのクランプ試験だけです. 糖尿病医学の大御所 DeFronzo博士が考...
病理

インスリン抵抗性を考えてみました[2] 肝臓のピンハネ

前回記事の図を作成していて気づいたのですが, ネット情報や,病院が患者向けに作成したパンフレットでは,話を単純化するために,『食事を消化・分解して小腸から吸収されたブドウ糖(血糖)などの栄養分は,小腸からそのまま全身を循環し...
病理

インスリン抵抗性を考えてみました[1]

インスリン抵抗性 この言葉は糖尿病患者なら,一度は主治医から聞かされた言葉ですね. せっかく食後に膵臓がインスリンを絞り出してくれているのに,体内の筋肉などの細胞がそれを受けとって 血糖を吸収してくれない.これが『インスリン抵...